野良研究者の備忘録

経営学と材料加工が専門の企業研究者ナニガシが思うことを語る場

【国内MoT】ビジネススクールは職種のるつぼか

こんにちは、nekoaceです。

今回は久しぶりにビジネススクールの話を書きます。ビジネススクールで学んだこととか楽しいこととかを軽く共有できる回にします。

よろしければお付き合いを。

 

nekoの経歴はこちら↓↓↓

 

ビジネススクールの話はこの辺に↓↓↓

 

 

 

はじめに

坩堝(るつぼ)という言葉を初めて聞いたのは「ニューヨークは人種の坩堝」という言葉ででしょうか。

ビジネススクールに入学して初めての授業で学生の自己紹介をずらっと聞いているときの感想がこれです。

「ここは職種のるつぼだ」

ビジネススクール入学前、私は大手メーカーで研究開発の職に携わりながら社会人博士に通う社会人学生でした。メーカーの中では基本的に普段関わる方は理系研究職が多く、ごくたまに企画部門や知財部門の方々と仕事の絡みで関わるくらい。

博士も基本的には指導教員と学生くらいで、自分の身の回りには理系の人間ばかりという状況でした。

 

これがビジネススクールに入るとガラッと印象が変わって、いろんな会社のいろんな部門の方と知り合いになる機会ができたのです。

 

ビジネススクールの人々

ビジネススクールでは、グループワークの機会が頻繁にあります。そこで、そのグループの人の人となりを知るのですが、職種に関しては多種多様。研究、企画、経営者、コンサル、変わり種では議員さんとか。

段々と同期のほかに先輩方などにも知り合いが増えていくと多様な職種と言っても傾向は見えてきます。実はやっぱり企画が多いです。

例えば、経営企画(全社向けの企画担当、M&Aとか全社施策の立案とかがここ)、事業企画(事業部の企画担当、事業部の方向性を決める。)、生産企画(生産計画とか)、あと研究企画(研究所の企画担当、先々のトレンドを読んで仕込み研究したり)。企画と言っても細かく見ると色々あります。

あとはプロジェクトリーダークラスの人。数人レベルのプロジェクト回す人とか(nekoaceはここでした)、もっと数十人レベルの組織持ってるマネージャーさんとか。あとは起業家含む士業でしょうか。

 

こうしてみると、「ビジネススクールは職種のるつぼ」と最初思っていたのですが、

正確には

ビジネススクールは業種のるつぼ」

かもしれないですね。職種だと企画屋さんとかなんかしらのマネージャーに集約されるわけですが、業種で見ると本当にメーカー/商社/コンサルetc...で千差万別です。

 

ビジネススクールでの学び

さて、そんな形で普通に企業に勤めていると知り合わないような方々とグループワークをして、ディスカッションをします。そしてそこに指導教員が専門的な知見を注入してくれる。この環境で刺激を受けないわけがないのですが、研究の話はほかに譲るとして。ここからは多様な同僚の方々から受ける学びについてです。

nekoは30代前半でビジネススクール進学しましたが年齢としては若干若めでした。同期見ると20代の方が数人で、30台が10人くらい、40台が15人くらいとかそんな感じです。

自分より若い方や同年代の方から何を学んだかというと私の場合は圧倒的に熱量でした。それぞれの方がそれぞれの業界で頑張ってる話を聞くわけです。そして今抱えてる悩みなんかも聞くわけですが、それが自分の境遇と一致したりするわけです(大企業の辛さは意外と共感されやすい)。すると自分が感じている苦しみが自社だけじゃないんだと実感できて視座が上がるとか、そんな感じ。

あと年上の方、すごい方本当にいっぱいいるんですけども、すっごくためになったのがプレゼンスキルです!いまさら何をというかもですが、本当にコンサルでバリバリ長年やられてる方はプレゼン資料の一文字目から最後の文字までめちゃくちゃ参考になる!これをリアルタイムで見れるだけでも学び凄いと思います。

 

ビジネススクールでできた楽しみ

最後に、ビジネススクール卒業した今思うんですが、同期の今を知るのが本当に面白い!

ビジネススクールってどうしても土日をつぶさざるを得ないのですが、プライベートでそこまでやる方はビジネススクール卒業してからも土日に働くんです。かといってサラリーマンの方は働けませんので、副業始めたり起業しちゃったりブログ書いたり(nekoはココね)していて、それを眺めてるのがすっごく面白い。こんなに密度の濃いメンバーがそろってるところは少なくとも大企業じゃ絶対ありませんから。

この中からすっごく偉くなる人が出てくるのかもなあと思っています。

僕もがんばろ。

 

最近シリーズ物の記事が続いていてちょっと肩の力を抜いて書ける単発モノを書こうと思って久しぶりにビジネススクールを思い出してみました。

 

最近ツイッターでもですがたまーにお声がけいただくことも増えてきました。

社会人学生の方とか(じゃなくてもいいけど)なにか聞きたいこととかあったら聞いてくださいできる範囲で答えますので。

 

では、今日はこの辺で。

 

nekoace

 

【月一雑記】ブログ開設から8か月 & 50記事到達。

こんにちは、nekoaceです。

 

ブログ開設8カ月です。

そしてなんと、この記事で50記事になりました。

まだまだ道半ばですが、節目ということですね、めでたい!

ひきつづき100記事目指して頑張りたいと思います。

書けば書くほどネタというものは湧いてくる(本当か)もので当面枯渇することはなさそうです(そんなこと言っていいのか)。とはいえ、個人的に200も300も記事があるブログというのも見ずらいよなあとは常々思っているのであと一年くらいしたら、引っ越しとか色々考えると思いますが、いましばらくお付き合いください。

 

さて、9月ということで、ついに長い長い(子供の)夏休みが終わってしまいましたね。自分もつい最近まで大学院に通っていて、夏休みはひたすら修士論文のデータ解析してたり、博士論文のシミュレーション回したりしてたなあと懐かしい気持ちになりましたww

 

昔、最初に学生やってたころは年中夏休みみたいに麻雀してましたからね。自分も年取ったなあと思います。

 

さて、では8月の記事のまとめからです。

 

続きを読む

【キャリア論】博士の転職体験記⑦ 〜内定受諾編 最後の決め手は「やり残し」〜

こんにちは、nekoaceです。

博士の転職第7段、今回は内定受諾編です。何を判断基準にして今の職場に決めたか書いていきます。

 

続きを読む

【キャリア論】博士の転職体験記⑤ ~面談 w/スタートアップ編~

こんにちは、nekoaceです。

博士の転職第5弾、今日はスタートアップ2社と面接したときのお話です。

(発表後追記しました)

 

続きを読む